コミュ障

コミュ障は運動や筋トレをすれば治るかもしれないよ、的なお話し

人と会話をするのが苦手な内向的なコミュ障の方って、運動があまり得意ではない方が得意な方よりも多いかと思うんですが、僕の場合は稀で運動だけは割と卒なくこなせるタイプのコミュ障でした。

自分語りで申し訳ないのですが、学生時代は春先に実施される体力テストではオール10を取った事もありますし、学校で行われたクラスマッチや体育祭では活躍出来るぐらいの運動神経は持っていたんですよ。

学生時代で唯一輝けるのがスポーツ系のイベントが行われた時ぐらいだったので、だいぶ印象に残っています。今でこそ見る影もないんですけどね...。(笑)

コミュ障で友達がおらず暇な毎日を過ごしていたので、時間さえあれば筋トレをして身体を鍛えてたんです。

さて、自分語りはこれくらいにしておいて、今回は運動や筋トレをすればもしかしたらコミュ障を改善出来るかもしれませんよ、と言った内容で記事を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

何故運動や筋トレをするとコミュ障が改善されるのか

早速ですが運動や筋トレをするとコミュ障が改善されるかもしれない理由について語ってみます。..が、私はコミュ障の方のカウンセラーと言う訳ではありません。

ごくごくどこにでもいる1人のコミュ障です。専門的な意見ではなく、あくまで1人の考えとしてこんな考えもあるんだなー程度に眺めて頂ければ幸いです。

【1】運動が出来れば自信が持てるようになる

まず1つ目はこれ。頑張って筋トレや運動神経を高めるトレーニングをして、実際に速く走れるようになったり体力が付いてくると自信が持てるようになります。

努力は裏切らないと言う言葉がありますが、まさに筋トレや運動神経を高めるトレーニングはそれが顕著に出やすいと思ってます。

僕がそうなんで凄い分かるんですが、コミュ障の方って自分に自信が持てないから「自分なんかがこの人と話して良いのかな...」と悲観的になってしまう事も多いかと思うんです。やっぱり自分に自信が持てないと、色々と損をしちゃいますからね...。

自分に自信を付ける方法はいくつかありますが、その中の1つに運動をして基礎体力を高めておくを加えてみても良いかもしれません。

【2】運動、筋トレの共通の話題があるため話しやすい

何故コミュ障で人と上手く会話が出来ないのかと言えば、共通の話題が無く、何を話したら良いのかが分からないからではないでしょうか。

私だって知識を付けた事すらない株の話しをされても、「あぁそうなんですか」としか言えないです。それは私が単純に株を知らないから付いていけないだけなんですよね。

でも、筋トレをして身体を鍛えていると、同じく身体を鍛えている人との間に「お互いに筋トレをしている」と言う共通点が生まれます。

共通点さえあれば、「今日はどこを鍛える予定ですか。」「昨日は背中をやったんで、今日は胸を鍛えます」みたいに少なくとも話題が見つからない、なんて事は無くなります。

運動や筋トレをしていると、同じく身体を動かすのが好きな人とコミュニケーションが取りやすくなれるのがメリットであると言えるでしょう。

【3】ネガティブな気持ちが改善されやすくなる

コミュ障で誰とも会わず引きこもった生活をしていると、段々心が貧しくなってネガティブな思考になってしまいませんか?少なくとも私はまいってしまいます。

でも、僕はコミュ障で友達と出かける場所が無かったので、ネガティブな気持ちをポジティブに変える機会があまり無かったんですよ。そんな時に気分をリフレッシュさせる意味でも、運動や筋トレは効果を発揮してくれるんです。

体を適度に動かす事で溜まりに溜まったストレスを発散させられますし、特に筋トレをして重たいウエイトを持ち上げると、男性ホルモンであるテストステロンと呼ばれるホルモンが分泌されるようになります。

このテストステロンはとても良い働きをしてくれるホルモンで、男性であれば筋肉が付きやすく男らしい顔つきにしてくれますし、気分を前向きにしてくれる、トップを目指したくなるなど、僕たちコミュ障にとって改善の手助けとなってくれるんですよね。

最近ネガティブな思考ばかりで悩んでいるようでしたら、試しにちょっときついぐらいの運動や筋トレをするとスッキリするかもしれませんよ。

どんな運動や筋トレをしていったらよいの?

中には運動はかれこれ数年はしていない、或いは帰宅部の学生さんのコミュ障の方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方がいきなり運動部がするような激しいトレーニングをしようと思っても無理です。怪我や酷い筋肉痛に悩まされてしまいますし、嫌な事って続かないのですぐに挫折をしてしまうでしょう。

まずは自分の体力に合った運動から始めて行くのがおすすめです。大切なのは追い込む事では無くて楽しむ事。楽しさを感じられれば必然的に長続きしていきますし、次第に追い込む事が楽しく感じてくるようになります。

1番最初はウォーキングから始めてみるのが良いかと思います。ウォーキングであれば運動強度はかなり低いですし、外の空気も吸えますのでリフレッシュも出来ちゃいます。

ウォーキングで身体を動かす事の楽しさを得られるようになったら、ダンベルのような器具を使った筋トレに取り組んでみたり、何か自分の興味があるスポーツを始めてみるのも良いかと思います。

引きこもりやニートにとって筋トレが何故重要なのかを現役引きこもりが語るよ

私は現在引きこもりですが、週に6日は行っている趣味があります。それが筋トレです。筋トレってジムへ行って特別なマシンで身体を鍛えて..ってイメージがあるかと思いますが、実は全然そんな事ありません。 今回 ...

運動が出来ない...それもあなたの個性です

検索エンジンからこの記事に飛んでくれた方は、コミュ障って運動や筋トレをすると改善されるの?とか、コミュ障でも出来そうな運動って何だろう?と意図を持って検索をされたのかもしれません。

ですが中には、自分はコミュ障で運動音痴で何の取柄も無いんだ...と、どちらかと言うとネガティブな検索をして訪問をしてくれた方もいらっしゃるんじゃないかと思うんです。

実際Yahoo!知恵袋とか眺めていても、こういった質問をされている方もちらほらいらっしゃいました。

ですが、コミュ障で運動音痴だからと言ってネガティブな思考になる必要なんて無いんです。運動が出来ないのも1つの個性ですので、悲観的にならずに前向きに捉えて行きましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク








-コミュ障

Copyright© ひっきーやまさんのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.